スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保存メール 

題名:無題

宛先1:(なし)

本文:

赤茶けた
テニスコートに
白いてーぷで
バッテンがしてある

そこに立って
仰ぎ見てみれば
まもなく蜜柑が
落ちてくるって寸法

うまく取り損ねてね
ネコが横切るから
乾かしてはいけないよ
ホラ耳ニシミルカラ
スポンサーサイト

東武伊勢崎線を北に 

浅草
どうせ明日も来るからいいいや
仲見世を横目に肩を切って 

待ち合わせの電車に乗り込んで
隙間風に凍えながら
iPodでも耳にして暖まろうか

年の瀬のあわただしさから解かれ
各々が思い思いに座席を決める頃
やがて電車は閉まるドアにご注意ください

「ゆうやけにふじさんもいいねえ」
ほろ酔いに顔を赤く染めた隣のおっちゃんの
ゆったりと味わうような声で

途端に僕は叫びたくなった
向かいの席の 娘2人連れた家族連れに
小さな液晶の小窓に 目を釘付けるにいちゃんに

ほら
後ろ振り向いてみろよ
ほら

晴れの日にうたう 

『Stormy Weather』

もうどうしたものだか
おひさまが見えないよ
荒れ模様のひどいお天気
君と会わなくなってからずっと
なかなか雨が止まないんだよね

人生ってそんなものかなあ
むなしくってみじめ
荒れ模様のひどいお天気
あーこんな自分嫌いだな
どうも疲れがたまってるのかな

ここんとこずうっとそうなんだ

君がいってしまった時
すっかり落ち込んじゃったんだよね
君と離ればなれになって
揺り椅子から立ち上がれなくなっちゃった
神様、お願いします
もう一度
真っ青な空の下で歩きたいよ

もう耐えられないかも

荒れ模様のひどいお天気が
もうみんな持っていってしまった
これ以上何を奪おうっていうのさ
なかなか雨が止まないんだよね
なっかなか雨が止まないんだよね
続きを読む

林檎のもとに見えしとき 

星は降るか
東京の空は答えない
アブラゼミの初鳴
桜の葉影

何をか照らすためにある
街灯はただ視界を泳ぐ
内堀の空を
ジェット機がかすめる

君を連れ出したかった
火祭りの夜の前に
水音を立てて
真鯉の跳ねるその前に

何作目になるんだろう 

椎名誠『菜の花物語』から
インスピレーションを受けて
書いてみました
が、
当初の方針とは大きく外れて
くらーいくらーいお話になっていってしまいそうになって
まあ、全体的にはやはりトーンの暗いお話になってしまいました

二人以上のメイン登場人物が出てくるのは
初めてなんじゃないかなと思います
だからはっきりいってひどいかも
もう少し練ってから書けばよかったかも
でも提出日は待ってくれないのかも

スペシャルサンクス:お花博士さん
         :S野君、J情きらり君(勝手に感謝)

自分まだまだ精進が足らんす。
続きを読む

すこしげんきがでるかなあ 

きみ、宇宙よりよけいな心配してるねって
よく言われます

続きを読む

今週はいかがかしら 

やっぱこっちのほうが落ち着く。
誰かみくしいばりにこっちもかまっておくれよ。

本日の作文
構想3分
もう思いつかないんですよねたが毎週なんてまぢむり
それに以前このブログでも使ったネタをふんだんに使用してます

そうだ、
ぼく、椎名誠とか、北杜夫とかあのへんが大好きです
続きを読む

最近 

毎週のこの課題のために
日々妄想に励んでおります
話しかけるとき
僕の目の色がいつもと違ってたら
注意してくださいね
続きを読む

塩入家ネット開通記念 

塩入家にて。
今日の提出分。
こんなのはいかが

続きを読む

こんなの毎週じゃ無理 

木曜4限、文芸創作講座
(一部省略、修正した)

あくまでフィクションですから、
実在の人物、団体とは一切関係ありません
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。