スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人でドナリーをイナメロウトーン 

<2のお茶>
2の私のひざの当然のお茶、及び、お茶のための 2 つ上であなたを描く、Just 私あなた、及び、あなたのために、私だけのために。
我々を見るために我々に近づく、もしくは、聞こえるだれも我々、友人なし、及び、週エンド休暇、We に関する関係は、それを知られていなくないであろう、大事な、我々が電話を所有しているということ、大事な。

最近歌詞訳してません
サマータイムみたいな意外な発見とかあったらいいんだけど
だいたい恋愛関係の歌詞に帰結するのが
ひねくれやのぼくとしては許せません
だからこんなんしてやりました……ぷふっ

justとかweくらい訳せそうなものだけどなあ……、大事な。

興味深い文章をどっかから引用してみました↓

21・お茶とティーの関係 2004年8月 (中略)

しかし、お茶に関して中国語と日本語は同じ“CHA”ですが、福建の方言では「テェ」。これ実は英語の“TEA”の語源だそうです。
 元(げん)の時代、福建の泉州は東西貿易の玄関口で、ここからお茶(醗酵茶)がその言葉と共に輸出されたとか。その後、英国が植民地としていたインドでもお茶が栽培されるようになって、輸送コスト削減もあってインド産になったようです。
 お茶がチャの発音で西欧に伝わっていたら、ジャズ・スタンダードナンバー“TEA for two”も、“CHA for two”だったかも。


「Cha for Two Cha Cha Cha」とかね。ぷふっ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watahox.blog21.fc2.com/tb.php/101-5394f127

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。