スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回 

『Just Friends』

Verse:私たち二人は恋人どうしだった
だけどさよならを言ったわ
一方が握手を求めて 
もう一方はため息をして

私たちは恋人であることを
かつては誓い合ったけれど
じゃあ今の私たちは何なんでしょう?
いったい今の私たちは何なんでしょう?

Chorus:ただの友達どおしよ
もう恋人なんかじゃないわ
ほんとに ただのお友達
でもつきあう以前の二人とは違うの

私たちが以前どんな関係だったのか
ずうっと考え続けるんだわ
そして冗談でも二度とキスなんかしない
そんな関係でこの先ずうっとずうっと続くんだわ

Verse:あなたの瞳に
太陽の光が差し込んで でも
ときどき私は その瞳が
嘘を映してるんじゃないかと疑うの

恋人同士だったふたり
でも今はただの友達
どうして二人は終わってしまったの?
どうしてこの関係が終わってしまったの?

Chorus:二人の友達どうし
離れていってしまったのよ
一方がフッて
もう一方がフラれちゃったのよ

私たちは愛し合ってた 笑ってた
でも悲しかった 突然の終わりに
あっけなくわたしたちの恋物語は終しまい
今じゃもう私たちはただの友達なのよ


(解説は↓)
この女、未練たらたらじゃあないですかあ
でも「Unforgettable」よりましですかね
というか「Unfo-」の女性が
時間がたって、ようやく割り切ることができた
みたいな曲かな
……でもまだ割り切れないんだろうな
吹っ切れてたらもう
わざわざこんなこと歌にしてまで歌いませんよ

割と訳しやすかったですね今回
描写が少なく、非常に即物的でわかりやすい
ちなみにVerse:以降がイントロ部
Chorus:以降がテーマ部分となっています

ちょっとしんみりひとこと
「ただのお友達よ」
好きな女の子に言われたらへこみますよねー

次回(第8回)は『Days of Wine and Roses』
酒とバラの日々……映画見たことないけど
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watahox.blog21.fc2.com/tb.php/15-640ab0ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。