スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立国会図書館ルポルタージュ 

NDL(略しちゃうもんね)も2回目ですから
もうまよわなくてもいけるもん
利用登録したから本館入り口から入れるもん
予約だってあっというまにできちゃうもん

でもその分
資料の待ち時間がきになるもん

レポートで使う資料を探しにいったんです
図書の予約

20分

資料到着
複写申請

20分

複写清算

はいこれで40分
いくら冒険家のおれっちでも
40分も暇つぶせないですよ
死骸のごとくひたすらじっと待っていまして
それに耐えずOPAC(検索端末)いじっていたら

もう一つ資料を見つけてしまったんです
資料の予約

20分

もうまちくたびれたよう
資料到着
な、なんじゃこりゃ!!
それはマイクロフィッシュという
近代科学のバイオテクノロジーの成果によって
生み出されれた超微小生物(さかな科だ)
その大きさはそうだなああ

……はいおばかさん

マイクロフィッシュは
古い貴重な資料などを
小さく縮小してフィルムに焼き付けたものです
電子手帳くらいの大きさで
見開き40ページくらい記録できますが
それを顕微鏡のようなものを通して閲覧します
なんか科学者気分だぜ

そいつはともかく
これも面倒な手続きを経て
再び複写依頼

「25分ほどかかります」

ああしゃらくせい
俺は腹が減ってペコペコなんだぞ
25分も待ってられるか!
外いってメシ食ってきてやっかんな!

とはいうものの一時退館の手続きも面倒だし
図書館の中にメシ屋でもあったらなあなんて
そんなメシの
もといムシのいい話があるかってあんのかよ

6F食堂
「オアシス」と「一茶食堂」が競合しているのですが
食券買うカウンターが隣接してて
どちらかで買うとかたっぽに気まずい構造になっている
ううん
ぼくは迷わず「一茶カツどん」にした

なにが一茶カツどんなのかわからないが
ナカ○ウよりはうまかったきがする
のりがふやけて
かたい肉で
味しょっぱくて
漬物が妙に緑で
お茶が薄くて……という
3拍子そろった「食堂っぽさ」
けなしてるんじゃないのだ
なんかなつかしいのだ
その不健康さがうまいのじゃ

窓の外には社会民主党
最近元気ないね
ちったあがんばれよ社民党って思いながら

隣の「オアシス」の食器を載せるお盆が
ホームベースみたいな六角形なのを見て
あ、「一茶」にしといてよかったなと思った

実は国会国立図書館
他に喫茶店、売店、靴屋、スーツの仕立て屋
郵便局なんかも入ってるんですね
国会議員の方々ももしかしたら
よくご利用されてるのかもしれませんぞ

それから学校行って
屋上でギターいじって
吉祥寺に行った話はまたの機会に(しません)
山梨のオミヤゲ楽しみです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://watahox.blog21.fc2.com/tb.php/204-a9edd3e5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。